セルフ未病マネジメントの情報サイト

東洋医学と近代西洋医学

東洋医学と近代西洋医学は根本的に異なる考え方があります。東洋医学は、医学の歴史に基づき過去の先達の教えを守りエビデンスを余り重きにおいていません。また、病気の原因は「気」を病むことであり、正気が無くなったり邪気が増え病気になると考えられます。そして病気の原因は体全体の状態が悪いために発症するので病気の部分のみではなく体全体を治療します。それに対して、近代西洋医学は、過去の先達の教えより、エビデンスに基づく医療を絶対条件とします。また、体全体を診るのではなく病気の箇所も治す対処療法を行います。近代西洋医学には「気」は存在しませんので病気と言わずに「疾患」「罹患」と言います。

現代医学は、西洋医学が発達し、全ては近代西洋医学で治せると考えている人もいるかもしれません。しかし、世界的潮流は、近代西洋医学の限界を感じている医療人が増えています。そのために近代西洋医学と東洋医学を体系的に利用した統合医療が叫ばれ始めているのです。

テキストのコピーはできません。